GEのCEOが「原子力発電はコスト競争力が無くなった」と認めたらしい。でも、大量のシェールガスが発見された米国ではそうなるけど、欧州・アジアではそうでもないらしい、というフィナンシャシャルタイムズの記事です。

 「欧州では、ガス市場が米国の状況と同じになる可能性は低く、そのため、各国の市場によっては、原発プロジェクトは経済的に正当化できる。また、アジアでは、各国はまだ高価な輸入液化天然ガス(LNG)に依存しているため、原発プロジェクトは非常に魅力的に見える」

推進力を失った原子力発電 GEのトップが認めた高コスト、未来はガスと自然エネルギー?.