開沼博氏、糸井重里氏などが執筆しています。図解・写真が豊富で分かりやすい。福島に現実に暮らしている(いた)人々、働いている人々がそこに存在し、廃炉という避けて通れない事実をしっかりと見据えて、どうやってより住みよい場所にしていくか、という視点に共感する。

コメント (0件)