2018年9月20日(木) 09:29 JST

PayPalトラブルをレポートします-5 電話でお話しちゃいました!

  • 表示回数 3,952
ウェブビジネス

PayPalトラブルをレポートします-4 一部スルーの回答が来たwの続きです。


 

2月25日(月)晩飯のラーメン食べてたんだけど、知らない番号なので「ん?」と思って電話に出てみるとPayPalの人だった。日本語流暢だが、たぶん外国人。イントネーションが中国人ぽいかな?

今度はEE(仮名)さん。また友達が増えたw

「今回はご迷惑おかけしてすいませんでした。メールよりも電話で直接お話ししたほうがいいと思って電話しました。」「『直前の支払いが出来なかった』エラー表示はまだ出ていますか?」
と聞いてきたので、ちょっと切れた。

「その後ログインしてないから分からないよ。なんでそれを私が確認しなきゃいけないの?エラーが出ているかいないか確認するのも、それが直ったか否かを確認するのもPayPalさんの仕事じゃないの?」と突っ込んだ。

併せて「この表示が出ている状態はPayPalとしてはシステムに問題がある、と認識しているんだよね?」と確認すると「はい、そうです。」

「これは直すべきだと認識してるんだよね?」と確認すると
「はい。でも今は直っているはずなので確認してください」だそうだ。

「分かったからその内容をメールで僕に送ってください」とevidenceを残そうと思って依頼。EE君は「分かりました」とのこと。素直な人だな。

「もう一つのDDさんへの未回答はどうなっているの?」と聞くと
「それは私には分からない」と外国企業にありがちな分業を盾に逃げる姿勢がアリアリだったので

私「ちょっと待って!DDさんなりその担当の人は今日はもういないの?帰宅したの?」
EE「はい。携帯で呼び出してみたんですが繋がりませんでした。私は内容が分からないので何について回答したら良いのか教えてもらえませんか?」
私「ちょっと待った!DDさんとかあなたたち、同じメルアドwebform@intl.paypal.comからメールして来るよね?一つのメルアドを共有しているのに私が送ったメールが本当に見れないの?担当者もどんどん変わるからサポートの人は皆メール内容を共有してると思うんだけど?」

EE「はい、見れます。」 
私「やっぱり見れるんじゃん!じゃあ、内容をリマインドする必要はないでしょ?担当の人に未回答の点を回答するように伝えてください」
EE「分かりました」

ちょっと気が咎めたので最後は「文句ばっかり言って申し訳ないけど、PayPalは少額決済のための大切なサービスだと思っているから頑張ってほしいんだよ。僕らが安心して使えるようによろしくお願いしたいんだよ。」と伝えて電話を切った。ちょっといい人に戻れた気がしたw

帰宅してPayPalにログインするとやっぱり全画面エラー表示が続いていたww

EE君は素直でいい人だし、PayPal JapanのTwitterの人も丁寧な言葉遣いの人です。こんな、半分クレーマーw のような私にも丁寧に対応してくれます。やはりPayPalのシステムが不親切というか、日本人ユーザーの心を逆撫でしている気がします。これはなんとしても改善してほしい。

因みにEE君にevidence取得目的でお願いした「じゃ、その内容をメールで送っておいてください」「はい」は実行されませんでした。返事だけは良かった!w

PayPalトラブルシリーズ
PayPalトラブルをレポートします-1 管理画面が分かりにくい
PayPalトラブルをレポートします-2 不気味なエラー表示
PayPalトラブルをレポートします-3 メールで返事が来た。
PayPalトラブルをレポートします-4 一部スルーの回答が来たw
PayPalトラブルをレポートします-5 電話でお話しちゃいました!
PayPalトラブルをレポートします-6 終結