2017年12月15日(金) 11:27 JST

kenzee氏にブログの理想を見た!

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2013年5月18日(土) 15:18 JST
  • 表示回数 2,907
ウェブビジネス

kenzee観光第二レジャービル が面白くて最初から読み続けているんですが、やっと2008年5月31日まで来ました。日本の純文学を題材にした評論でありながら、架空人物を配して笑いがとれるコントが展開されたり、音楽に触れたりしながら、リラックスと緊張とが折混ざった素晴らしい読み物です。(画像は同ブログタイトル元ネタの梅田にある平田第二レジャービルの地図)

そして面白いのは、木村紅美、磯崎憲一郎、武田将明といった若手作家・評論家本人がコメント欄に登場してしまい、kenzee氏の評論に自らコメントすることが2008年5月までの時点で起こっていることだ。文壇の大御所ではない、若いからPC/internet使い慣れてる、ネットコミュニケーションに慣れている、という要素もあるとは思うが、でも本当はkenzee氏のふざけているようで真摯な評論に思わず本人がリアクションしてみたくなった、という現象だと思う。

kenzee氏のブログは文字ばっかりの真摯な文学・音楽評論である。でも、自分も楽しんでなおかつ読者も楽しませよう、という芸がある。

Sleepyhead Jaimieが示すミュージシャンの古くて新しい生活

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2013年3月13日(水) 18:02 JST
  • 表示回数 2,240
ウェブビジネス

Sleepyhead Jaimie、なんか往年のブルースマンのスリーピー・ジョン・エステティスみたいだな。いつも頭の中が眠いのかな?なんてことはさておいて、このSleepyhead Jaimie、メジャーレーベルはおろか、インディーズ事務所にも所属していないのに、ちゃんとご飯を食べられていると言う。

1997-98年くらいをピークにCD売上が下降を続け、日本の音楽産業の凋落が言われる中、音楽産業とミュージシャンは苦しい闘いを強いられている。こうした中、Seelpyhead Jamieのお二人は、悠々自適ではないけれども、好きな音楽をお客さんの前でプレイし続け、なんとか生活が出来ているらしい。「売れるまではバイトで食いつなぐのが当たり前」の時代にSeelyhead Jaimieの二人の活躍が音楽好きの僕には単純に嬉しい。

彼らが若手ミュージシャン育成プロジェクト Tokyo Boot Up! でその活動と生活実態を報告すると聞いたので参加してみた。

バンドの話なら、まずはPV見なきゃですよねー。

PayPalトラブルをレポートします-6 終結

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2013年3月11日(月) 17:13 JST
  • 表示回数 3,047
ウェブビジネス

PayPalトラブルをレポートします-5 電話でお話しちゃいました! の続きです。

未回答項目を残したままよしとするPayPalサポートに「ちゃんと回答してよ!」と迫った結果、今度はスーパーバイザーと名乗るFF(仮名)さんよりメールが来ました。今度はちゃんとしてます。これでcloseしてもOKだなー、と思える内容でした。最初からこういう回答が出ていれば、私もこれほど時間と手間をかける必要なかったんです。PayPalサポートの現状が良く分かったのは自分にとっては収穫だったし、PayPalも改善してくれることを祈ります。

メールはこんな感じです。

PayPalトラブルをレポートします-5 電話でお話しちゃいました!

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2013年3月11日(月) 17:12 JST
  • 表示回数 3,720
ウェブビジネス

PayPalトラブルをレポートします-4 一部スルーの回答が来たwの続きです。


 

2月25日(月)晩飯のラーメン食べてたんだけど、知らない番号なので「ん?」と思って電話に出てみるとPayPalの人だった。日本語流暢だが、たぶん外国人。イントネーションが中国人ぽいかな?

PayPalトラブルをレポートします-4 一部スルーの回答が来たw

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2013年3月11日(月) 17:11 JST
  • 表示回数 4,047
ウェブビジネス

PayPalトラブルをレポートします-3 メールで返事が来た。の続きです。

PayPalにメールした内容は以下の通りです。2月21日。

1. 旧クレジットカード削除の指示・依頼
2. マイアカウントにログインすると出てくる「直近の取引で支払いがエラーになった」メッセージは今でも出ている。これを非表示にできないのか?これはシステムエラーだと思うのが、PayPalの見解は?今後改善する意思があるのか?
3. ソフトバンクと合弁でPayPalジャパン発足のニュースが去年あったが、発足しているのか?PayPal Hereはまだ街で見たことないのだがサービス始っているのか?今後ビジネスで使うかもしれないので状況を知りたい。

PayPalトラブルをレポートします-3 メールで返事が来た。

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2013年3月11日(月) 17:10 JST
  • 表示回数 3,049
ウェブビジネス

PayPalトラブルをレポートします-2 不気味なエラー表示 の続きです。

PayPal Japanのtwitterアカウントに公開tweetしたところ、twitter DMで丁寧に「ご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。何かお困りなようでしたら担当部署に連絡させていただきますが、いかがでしょうか。」と連絡が来たので「アカウントのメルアド教えれば対応してもらえるか?」と返事。折り返し「アカウント教えてもらえれば対応します。トラブルの内容も教えてほしい」由の返事があった。ここまでの経緯を140字で表現できるはずもなく、PayPalの得意技?「トラブル内容教えて」にもいい加減疲れたので「担当部署に伝えてくれればいいです。webサポートとコミュニケーションします」とお返事しました。

PayPalトラブルをレポートします-2 不気味なエラー表示

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2013年3月11日(月) 10:58 JST
  • 表示回数 2,686
ウェブビジネス

PayPalトラブルをレポートします-1 管理画面が分かりにくい の続きです。前回は我々が使う画面インターフェースが分かりにくくて苦労したお話をレポートしました。苦労しましたが、新しいクレジットカードでの決済は完了しました、一応。

一応、というのは次のトラブルの始まりを意味します(笑)。

2月19日の夕刻PayPalより決済完了の自動送信メールがありましたが、20日の早朝「直近の取引についてお支払いが出来ませんでした」という別の自動送信メールがあり、私を不安の底に陥れます。

paypal / iliveisl

PayPalトラブルをレポートします-1 管理画面が分かりにくい

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2013年3月 9日(土) 13:37 JST
  • 表示回数 2,825
ウェブビジネス

PayPal。応援しています。

日本ではまだイマイチ認知度が低いですが、個人経営のプログラマーやWebデザイナーが自分の作品を手軽に販売する時などには最適です。そもそもネットショップなどのWebビジネスは管理費を抑えられるので少額取引でも商売が成り立つわけですが、日本の決済会社を使うと手数料が高くて負担になります。

そうした問題を解決してくれるのがPayPalで、商品やサービスの提供側の手数料負担が少なくもっともっと日本でも広がってくれれば、と思っています。

基本的にPayPal大好きな私ですが、2月にトラブルに見舞われました。以下にその内容をレポートいたします。2012年にソフトバンクと合弁で「PayPalジャパン」という日本法人も発足しているし、もっともっと信頼してもらえるサービスとなることを願ってのレポートです。結論から言うと日数かかりましたが私的には納得しました。

永江一石著「素人の顧客の意見は聞くな」

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2013年3月 8日(金) 09:36 JST
  • 表示回数 1,365
ウェブビジネス

ブログ More Access! More Fun! の永江さんの電子書籍第1弾です。

ブログの内容を編集したものなので、ブログを読んでいる人には新しい内容はないですが、100円、今は81円で購入できるので入手しておいて損はない!いつも変わらない、毒舌だけど優しいw 永江さんの言葉をお手元に!w ブログ読んでいない人には電子書籍でいつでも手軽にインターネットビジネス周りの大事なことへの知見に触れることのできる良書です。

書評 統合失調症の家族を持つ人のためのノウハウ集 加藤友三郎

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2012年12月10日(月) 18:28 JST
  • 表示回数 1,330
ウェブビジネス

1つ前の記事で紹介したiOS(Android版もある)書籍アプリinkoで読める書籍です。

統合失調症とはちょっと前(2002年頃)まで精神分裂症と呼ばれていた病気です。wikipediaによると全人口の1%程度の発病率

淡々とした筆致で統合失調症の奥さんを抱え、生活する中で経験した病院、ヘルパー、市役所などとのやりとり、とそこでの知見が語られます。統合失調症などの精神疾患と自分が無縁だと言い切れる人にはどうでもいい本かもしれません。自分の周囲に患者を抱えている人にとって、精神的な支えにはならないかもしれませんが、時に理不尽な病院や役所と、どのように戦うのがよいのか、のひとつの実例を提示してくれています。

お涙頂戴みたいのを筆者は望んでいないと思うので、感傷的なコメントは控えますが、この大変な状況で、二人のお子さんを育ててきた筆者に「よくぞ頑張ってこられました」、お子さんたちには「よくぞ育ってくださいました」と申し上げたいと思います。

最初 | 前へ | 1 234567| 次へ | 最後